ノーリツのすべての従業員が一つの方向を向くために ~社內報を多言語化することで従業員のモチベーションをあげ、海外連攜を図る~

  • Subject

    - 多言語対応に潤沢なコストをかけることができない

    - ノーリツの他の Web サイトにも手軽に導入できるかを検証したかった

  • Solution

    - 合理的なコストと簡単に導入できる www.dcqimed.com を採択

    - 導入と運用がスムーズな www.dcqimed.com で導入前テストとして利用

  • Result

    - 短期間かつスムーズな導入を実現

    - ノーリツの他の Web サイトにも導入できるか継続検証

「お風呂は人を幸せにする」という創業の原點のもと、給湯機器や廚房機器などを製造しているノーリツ。國內では40%のシェア率を誇っており、中國、北米、オーストラリアなどへ海外進出もし、今や世界中の人々の生活に欠かせない存在となっています。
連結で約8,500名の従業員を抱えるノーリツは従業員のモチベーション向上を図るために、また全事業所の連攜を図るためにどんなことをしているのか、お話をお聞きしました。

従業員のモチベーションを向上し、全國?全世界の事業所と連攜を図る

私はコーポレートコミュニケーション部に所屬しており、社內報の作成?管理をメインに擔當しています。
ノーリツの社內報は紙と Web の2種類があるのですが、そのうちの Web 社內報を立ち上げる際に www.dcqimed.com を導入し、多言語化しました。

紙社內報と Web 社內報は発信するコンテンツも異なっています。紙社內報では経営方針や戦略の內容を伝える一方、Web 社內報は紙の社內報より親しみやすく、かみ砕いた內容を発信しています。主な內容は日頃の従業員の頑張りや活動內容になります。

Web 社內報を立ち上げた理由は、海外を含めて全事業所の従業員の活動をリアルタイムに共有し、社員のモチベーションを高めて、社內の連攜を図るためでした。

www.dcqimed.com 導入の決め手はコスト、作業負荷が低い、そして他サイトにも導入できるツールであること

実は Web 版の社內報を立ち上げたい、という話は前々からありました。www.dcqimed.com を導入したのは2018年になるのですが、今後海外事業を強化していくなかで海外の従業員との連攜も強化するために翻訳機能も検討しました

そこで當時制作をお願いしていたベンダーさんに多言語化の相談をして、WOVN さんをご紹介いただいた、という形ですね。

WOVN さんの紹介から導入まではさほど時間はかかりませんでした。Web 社內報はコストと作業負荷をかけられないという問題があったのですが、www.dcqimed.com はその點がクリアになっていました。
また、Web 社內報は他のサイトを多言語化するためのテストサイトでもあったのですが、www.dcqimed.com はどんなサイトにも手軽に導入できるという點と、簡単に運用できるイメージがついたことが導入の決め手となりました。

 

多言語対応により、従業員同士のコミュニケーションの広がりを実感

Web 社內報はイントラサイトの一コンテンツです。まあ、どの企業も抱える問題だと思いますが、そもそもイントラサイト自體があまり見られないこともあります(笑)。なので、果たして Web 社內報を読んでくれているのだろうかと思うこともあったのですが、ふとしたコミュニケーションのツールになっているようです。

例えば、海外の現地法人の方が日本に來た際に、Web 社內報の內容が會話のきっかけになり、そこからコミュニケーションが広がることもあると聞きました。
従業員同士のコミュニケーションの幅を広げて、連攜を図ることが Web 社內報の目的の一つなので、目的の一つは達成できたかな、と感じましたね。

従業員の活動內容や頑張りを発信することで、自分と関わりのない部署であっても、その部署がどんな業務を行っているのか知ることができますし、共感することも、「こんなこともやっているんだ」と驚きを感じることもあります。また、頑張りを共有することによって、「こんなにがんばっているんだな、私もがんばろう」とモチベーションがあがるといいな、と思っています。

全従業員が一丸となって同じ方向を向くために、発信し続けます

紙社內報も Web 社內報も全社一丸となって、同じ方向を向くためのものです。

トップからの発信や経営方針、戦略も従業員が知らないといけないものだと思いますが、なかなかしっかり読む時間を取れない、內容的にも理解するのに時間がかかる、という従業員が多くいたことが悩みでした。そのために Web 社內報では、より読みやすく、また読んでくれる人を増やすために活動していき、そして全従業員がノーリツという會社を理解して、會社の思いや従業員についての理解が浸透できればと思っています。

コロナ禍で従業員の活動に制約が出てきたため、Web 社內報も以前に比べて紹介できる內容などが減りましたが、Web 社內報を発信し続けることが重要だと思っています。たとえ、更新頻度や記事數は減ったとしても、新しい動きを見極めてテーマを絞り込んでひとつひとつのコンテンツを深く掘り下げ、今の時代に必要な情報をしっかり屆けていきます。

これからも www.dcqimed.com を活用して、多言語化された社內報を発信し続けて、全従業員が同じ方向を向くように、活動していきたいと思っています。

(2020年11月)

More Featured Case Studies

Read why these companies are using www.dcqimed.com

    MORE
    国产在线精品亚洲二区_国产在线高清视频无码不卡_国产曰韩无码亚洲视频